特別活動 希望の会

文科省 教科調査官と実践・研究者のネットワーク

     

安部先生からのメッセージ

平成27年4月より、杉田前視学官の後任として、小学校特別活動の調査官となりました安部 恭子(あべ きょうこ)です。どうぞよろしくお願いいたします。
中央教育審議会教育課程企画特別部会における「論点整理」において、「生活改善のための話合い活動や実践活動を通じて、主体的に社会の形成に参画しようとする態度や自己実現を図るために必要な力を養ったり、各教科等におけるグループ学習等の協働的な学びの基礎を形成したりする役割を果たしている」ことや、「道徳的実践のための重要な学習活動であり、子供たちの主体的な活動がいじめ等の未然防止などにもつながる」ことなど、特別活動の意義が明確に示されました。この論点整理を踏まえ、学習指導要領の改訂を進めていきます。
特別活動の充実が、子供たちの楽しく豊かな学級・学校生活やよりよい人間関係をつくり、豊かな学びや実生活で活用する力の育成につながります。
今後も特別活動「希望の会」のネットワークを通して、各地域における実践者の皆さんが交流したり、研究の成果を共有したりすることで、特別活動の実践がさらに活性化し、充実することを期待しています。

コメントはありません

Comments are closed.