特別活動 希望の会

文科省 教科調査官と実践・研究者のネットワーク

     

第6回「希望の会 in 新潟」ミーティング案内

<このミーティングは終了いたしました。詳しくは レポート をご覧ください>

晩秋の候,皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。第6回「希望の会」を、下記の通り師走の越後で開催します。

11月7日(水)には,中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会より「教育課程部会におけるこれまでの審議のまとめ」が公表されましたが,本研究会が新しい学習指導要領における特別活動の在り方ついての理解を深める絶好の機会となると考えます。会員の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

新潟でのメインテーマは、「特別活動のDNA 見極め、強め、広げよう」(新しい学習指導要領の誕生にあたって) です。新潟の考えるDNAの中身は「自主・自立・自治」です。子どもの自治と聞くと、「なんだそりゃ?」と言われそうになっている昨今ですが、特別活動の新しい流れを見据えつつ、特別活動が大事にしてきた本質についてじっくり考える会にしたいと思っています。新潟から全国に、特別活動の本質を実践で示してきた、丸山先生、橋本先生と杉田調査官の熱いセッションもあります。

特別活動を心から愛する全国の同志の皆さん、12月8日(土)は、新潟、朱鷺メッセにおいでください。JR新潟駅から、徒歩で、20分。タクシーなら5分、日航ホテルと隣接する、とても目立つ建物です。大河信濃川をながめながら、杉田調査官と共に、特別活動のDNAについて大いに語り合おうではありませんか。

え?もう、スケジュール帳の12月8日(土)に、新潟と書かれている?ありがとうございます。え?新潟の潟って書きにくい・・・そんなの関係ね・・・いやいや、すみません。新潟の人でも、思い切り間違っています。子どもは、まず、書けません。

とにかくお待ちしております。

日時

2007年12月8日 (土)

  • 12:30~13:00 受付
  • 13:00~13:10 開会行事
  • 13:10~13:45 問題提起
  • 13:45~15:45 シンポジウム
  • 15:45~16:45 分科会
  • 16:45~17:00 閉会
  • 17:30~ 懇親会

参加費: 研究会1,000円・懇親会5,000円
※当日、受付にて徴収させていただきます。また、ミーティング終了後、会場を変えて(マイクロバスにて移動)懇親会を行います。

場所

朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号幸西3-3-1 TEL: 025-246-8400


大きな地図で見る

ミーティングの内容

  1. 「審議のまとめ」について (杉田調査官からの提起)
  2. シンポジウム1 (新潟特活代表と全国の実践者と)
    テーマ「特別活動のDNA 見極め、強め、広げよう」(新しい学習指導要領の誕生にあたって)
  3. シンポジウム2
    シンポジスト: 杉田 洋 (文部科学省教科調査官)・橋本 定男 (新潟市立鏡淵小学校校長)・丸山 正博 (新潟市立青山小学校校長)
  4. 分科会
    1. 学級活動
    2. 児童会活動
    3. 学校行事
    4. 異年齢集団活動

申込方法

本ミーティング事務局のメールアドレスである subscribe@kibounokai.net に、下記の申込書 (Excelファイル) を添付の上、ご返信いただくか、FAX (025-284-7256) をお願いいたします。

また、都合によりワークショップに参加できない方はも、意見などをお送りいただければ当日に活用させていただきます。

第6回ミーティング 参加申込書 (31K)

締切

お忙しいところ大変恐縮ですが、準備・印刷の都合上、12月1日 (土) までにお申し込みをお願いいたします。

コメント: 3

  1. 八巻 寛治

    特別活動希望の会の皆様 こんばんは
    仙台の八巻です。

    全国での特別活動での盛り上がり素晴らしいですね。東北地方も少しずつではありますが、各地で盛り上がりを見せています。後はどのように「特別活動希望の会」のネットワークとしてつなげていけるか、互いに情報を発信し合えるかが課題かと思っています。

    そこでぜひ、2月2日(土)の第7回特別活動希望の会イン仙台には、多くの方に参加いただければありがたいと思っています。詳細は決まりましたので第6回特別活動希望の会イン新潟が終わり次第案内させていただきたいと思います。

    ところで、私は幸いにも特別活動希望の会の研究会に、第1回から参加させていただいています。メーリングリストでの学習?交流?もいい勉強になりますが、各会場ごとの盛り上がりは、その場に行って実際に肌で感じて、いろいろな方と直接触れ合ってみることによって、さらにパワーを増します。活字には表れないよさが実感できるのです。

    杉田調査官のおっしゃる、「『特活熱』の高まりに大きな希望と可能性を感じています。…」は、正に“なすことによって学ぶ”ことが、確実なる広がりを見せることにつながると思います。

    よって、私自身は、来週の「第6回特別活動希望の会イン新潟」にも参加させていたただきたいと思っています。師走の多忙な時期かとは思いますが、皆さんもぜひ参加して交流を促進してみましょう。

  2. 今村 信哉

    世話人の今村です。

    いよいよ新潟での「希望の会」研究会が行われます。一研究会が皆さんの熱い思いが結集するようになり、いつの間にか「大会」となってきました。すごいですね!! 今回のテーマは

    「特別活動のDNA 見極め,強め,広げよう」
    - 新しい学習指導要領の誕生にあたって -

    です。特別活動のDNAをまき散らしている!?新潟のメンバーによる研究会、すごく楽しみです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

  3. […] <ミーティングの概要は 案内ページ をご覧ください> […]