特別活動 希望の会

文科省 教科調査官と実践・研究者のネットワーク

     

希望の会とは

特別活動は、極めて重要な活動だと考えています。しかし、それが必ずしも全国での研究熱や実践に結びついていないことに危機感を感じています。

特別活動「希望の会」は、特別活動に取り組むすべての人々をつなぐネットワークです。

 

1. メーリングリストでつなぎます
「希望の会」に入会していただくと、Googleグループを利用して、全国各地の実践者や研究者とあなたのメールがクリック1つでつながります。「こんな時どうするの?」「こんな情報ありますか?」「研究サークルに来ませんか?」など、気軽に情報交換してください。
2. ホームページでつなぎます
「困ったらとりあえず希望の会のホームページへ」を合い言葉に、全国各地の特別活動研究団体へのリンク、特別活動関連書籍の案内、研究や実践内容の公開を充実させていきます。
3.「希望の会」ミーティングでつなぎます
年に数回、安部恭子調査官や杉田洋先生をお招きしてミーティングを開きます。いつもはメール上でしか知らなかった方々と、直接交流できるチャンスです。参加型の研修を通して、情報交換したり親睦を深めたりしてください。
4. 書籍でつなぎます
雑誌の特集ページや、希望の会のメンバーが執筆した書籍の出版等を通して情報を発信します。そして、特別活動専門誌の充実を目指します。

この会は、会の発足当初、期限付きで活動してきましたが、平成24年度末の話合いでそれ以降も継続することになり、現在に至っています。今後も本会は、上記の4点で活動を進めて参ります。

詳しくは 入会案内 をご覧ください。